ヨーグルトと乳酸菌ナビ

プロバイオティクス

プロバイオティクスという言葉をご存知ですか?

 

プロバイオティクスとは、「人体に良い影響を与える微生物(乳酸菌やビフィズス菌など)、
あるいは、それらを含む食品や製品」のことをいいます。

 

また、それらの食品を摂るという意味でも、
プロバイオティクスという言葉が用いられています。

 

たとえば、既に死んだ状態で腸に届いた乳酸菌(死菌)であっても、
免疫を高めたり、調整したり、有害物質の排出などの働きをします。

 

このようなことも、プロバイオティクスの一環として捉えています。

プレバイオティクス

プロバイオティクスが提唱去れたよりも少し後になって、
「プレバイオティクス」という考え方が広まりました。

 

このプレバイオティクスとは、人体に有益な善玉菌の餌となり、
善玉菌を増やす成分を含む食品のことです。

 

また、それを食べる事によって腸内の細菌叢の状態を
良好にするという考え方もプレバイオティクスと言います。

 

たとえば、胃酸などに分解・吸収されないまま、
腸内に届くオリゴ糖や、分解によって体内でオリゴ糖になる
食物繊維のイヌリンアドをたくさん含む食品を多く摂り、
新たなる菌を摂るのではなく、
固有の菌を増やすことを目的とすることが、
プレバイオティクスの考え方です。

シンバイオティクス

シンバイオティクスとは、プロバイオティクスとプレイバイオティクスを
一緒に摂取することをシンバイオティクスといいます。

 

このシンバイオティクスを目指した食生活への見直しが、
近年とても注目されています。

身近にあるプロバイオティクス食品

プロバイオティクス食品とは、腸内細菌のバランスを改善し、
健康維持に有益な働きをもたらす、生きた微生物を含む食品のことです。

 

プロバイオティクス食品の中でも、乳酸菌を含む食品の例を挙げてみます。

 

・ヨーグルト

 

ヨーグルトは、牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたものです。

 

多くは、ブルガリア菌とサーモフィス菌を「スターター」という
発酵を起こすための菌に用います。

 

しかし、プロバイオティクスのために、
このほかの乳酸菌を加えた商品も開発されています。

 

・チーズ

 

チーズは、牛や山羊、水牛の乳に乳酸菌を加え、凝固させたフレッシュチーズ、
このフレッシュチーズをそのまま他の細菌やカビの力で熟成させた
様々な種類のナチュラルチーズ等があります。

 

発酵と熟成によって、深い味わいを楽しむことができたり、
独特の香りを楽しむことができます。

 

・醤油

 

醤油は大豆や小麦を原料としています。

 

この大豆や小麦に付着している
テトラジェノコッカス・ハロフィルスという乳酸菌が活躍してくれます。

 

原料が醤油のもとである「もろみ」になる段階で生まれる
大量の乳酸は、出来上がった醤油の味の決め手にもなります。

 

・味噌

 

味噌も、醤油と同じようなルーツで作られます。

 

原料となる大豆、小麦、米などの発酵に、
野菜や果物に付着しやすい乳酸菌が活躍してくれるのです。

 

これらの乳酸菌はチーズなどの乳酸菌に比べると酸に強く、
生きたままの状態で腸に届きます。

 

近年は、この生きたままの状態で腸に届く乳酸菌に
注目が集まっています。

 

・ぬか漬け

 

漬物の中でも、米ぬかで作ったぬか床に野菜を漬け込む「ぬか漬け」。

 

ぬか漬け独特の風味と香りを楽しむ日本古来の伝統食です。

 

このぬか漬けにも乳酸菌がたっぷり含まれています。

 

米ぬかに生息している乳酸菌には、
野菜の乳酸菌発酵を促す効果がありますし、
生きたまま腸まで到達し、腸の健康を維持する事に貢献します。

 

・キムチ

 

キムチも、乳酸菌の力によっておいしくなります。

 

キムチの乳酸菌は、
塩や唐辛子がたっぷりの中でも、しっかり生きて発酵します。

 

そして、キムチならではの辛みを時間と共に和らげ、
深い酸味とうま味に変えます。

 

・酢

 

酢は原料となる穀物や果実を発酵させたものである「酒」を、
さらに酢酸菌によって発酵させて作ります。

 

酢のもとになる酒仕込みの段階で、
乳酸菌が大活躍します。

 

・酒

 

「もと」と呼ばれる蒸し米に?をつけて発酵させたものが、
日本酒の味を決定します。

 

その発酵に関わるのが、乳酸菌です。

 

乳酸菌は醸造の過程で他の雑菌による腐敗が起こるのを防ぎ、
日本酒ならではの適度な酸味を与えるという働きをします。

身近にある善玉菌を助けるプレバイオティクス食品

プレバイオティクスは、善玉菌の餌になる食品です。

 

オリゴ糖や食物繊維の一部を含む食品が、プレオバイオティクスの要件を満たしています。

 

では、プレオバイオティクスに役立つ食品を挙げてみます。

 

・はちみつ

 

ハチミツの甘みは、ブドウ糖、果糖、オリゴ糖によるものです。

 

このハチミツをヨーグルトに加えると、
おいしさがUPしますし、私たちの健康維持に欠かすことができない
各種ビタミンや各種ミネラルがとてもバランス良く含まれた
理想的食品になり、プレバイオティクスにおススメです。

 

・バナナ

 

バナナは、たっぷりのオリゴ糖と、腸の環境を優しく整える
水溶性食物繊維であるペクチンをたくさん含んでいます。

 

また、ビタミンB2は、疲労回復におススメですし、
カリウムが体内の塩分バランスをとってくれるので
血圧が穏やかにコントロールされます。

 

バナナは、まさにプレオバイオティクスの食材なのです。

 

・ごぼう

 

ごぼうには、プレバイオティクスのための食物繊維、
イヌリンが豊富に含まれています。

 

イヌリンは、分解してオリゴ糖になり、
腸内の善玉菌の栄養になります。

 

また、不溶性のリグニンという食物繊維は、
悪玉菌を増す老廃物や宿便などを強力に吸着します。

 

ごぼうは、善玉菌に有利な環境を整える働きが期待できるのです。

 

・大豆

 

大豆も、プレバイオティクスのために良い食材です。

 

大豆オリゴ糖をたっぷり含んでいますし、
食物繊維もたっぷりです。

 

煮豆などから積極的に摂れば、プレオバイオティクスに役立つでしょう。

 

また、大豆に含まれるポリフェノールの一種であるイソフラボンは、
特に中高年以上の女性の健康維持に必須です。

 

イソフラボンは、骨粗鬆症の予防に効果が期待できます。

 

・干し柿

 

干し柿は、食物繊維をたっぷり含んでいます。

 

干し柿を食べると、腸内環境を整えることができ、
善玉菌が増えやすい状態を作るのに役立つといわれています。

 

また、干し柿に含まれる食物繊維は、
水溶性のペクチンなので、おなかに優しい食品となっています。

 

・きな粉

 

きな粉は、大豆からできています。

 

大豆には、大豆オリゴ糖がたっぷり含まれています。

 

牛乳に入れてきな粉ミルクにして飲んでもおいしいですし、
カフェオレに加えてもおいしく飲むことができます。

 

このように気軽に摂取できるきな粉は、
たっぷりの食物繊維が含まれています。

 

きな粉は、理想的なプレバイオティクス食品です。

 

・たまねぎ

 

たまねぎは、とても身近な食材の一つです。

 

たまねぎには、オリゴ糖がたっぷり含まれていて、
加水分解によってオリゴ糖にプレバイオティクスのための
食物繊維、イヌリンもたっぷりです。

 

・ニンニク

 

ニンニクにもたまねぎと同じように、オリゴ糖がたっぷり含まれています。

 

そして、たまねぎと同じように、
加水分解によってオリゴ糖になる
プレバイオティクスのためのイヌリンがたっぷりです。

 

生のままでは消化管に負担が大きいので、
加熱して食べるようにしましょう。