ヨーグルトと乳酸菌ナビ

乳糖不耐症

牛乳を飲むと、おなかがゴロゴロしてしまう人がいます。

 

それは、乳糖不耐症という症状です。

 

医学的に、乳糖不耐症とは、一度に50gの乳糖を摂取したとき、
血糖値が30分以内で血液100mlあたり25mg以上上昇しない、
つまり、乳糖をブドウ糖に分解できていない場合に診断される症状です。

 

しかし、50gの乳糖というと、牛乳1リットルに相当する量ですから、
非現実的な診断基準だといえます。

乳糖不耐症の原因

乳糖不耐症は、牛乳や乳製品に含まれる主成分の「乳糖」を、
ガラクトースとグルコース(ブドウ糖)に分解する
小腸の酵素「βガラクトシダーゼ」が先天的に不足していたり、
活性が低いために起こります。

 

乳糖不耐症の人は、牛乳を飲むと、腸内で分解・吸収できずに乳糖が残り、
大腸の水分吸収のバランスを崩したり、腸内菌が過敏に活発化したりして、
大量の酸やガスを発生します。

 

すると、腸が激しく蠕動運動を起こし、
おなかが張ったり下痢になるなどします。

 

人は、授乳期にお母さんのお乳を分解しながらお乳を飲むので、
βガラクトシダーゼを持っています。

 

ですが、離乳と同時にこのβガラクトシダーゼが出にくくなり、
乳糖不耐症になるという説があります。

 

とはいっても、βガラクトシダーゼの減少には、
個人差があります。

 

また、欧米人に比べ、日本人はβガラクトシダーゼが不足している人が多いというように、
民族によっても差があるようです。

乳糖不耐症を防ぐには

乳糖不耐症にならないようにするためには、牛乳を温めて飲んだり、
口の中で噛んで、温度をあげるなどしたり、
一度にゴクゴクと飲むのではなく、小分けにして飲むことが良いとされています。

 

そうすることで、分解が進みやすくなるので、
乳糖不耐症になりにくくなるのです。

 

コーヒーや紅茶等に混ぜて飲むのもおススメです。

 

また、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロすると言う人でも、
ヨーグルト等、乳酸菌によって乳糖の分解が進んだものを食べたり、
製造工程で乳糖の多いホエイ(乳清)を除いたチーズなどでは、
大丈夫という人も多いので、
乳糖不耐症の人は、こういった乳製品を摂るようにすると良いのではないでしょうか。

 

健康維持のために、牛乳、乳製品は、摂りやすい形で、
積極的に摂って行きたいものです。