ヨーグルトと乳酸菌ナビ

乳酸菌同士は戦う?

「菌」というと、複数の菌があれば、それぞれが「戦う」というイメージです。

 

たとえば、善玉菌や悪玉菌も戦います。

 

このように菌が戦うのは、菌が自分たちにとって暮らしやすい環境を作るためです。

 

では、乳酸菌も、菌同士で戦うのでしょうか?

 

乳酸菌に属する菌は、酸性かアルカリ性かのどちらかでは酸性を好み、
空気中では生きにくいというように、よく似た性質を持っています。
そして、互いに戦うと言うような事はありません。

 

実際にヨーグルトやチーズの生産でも、
いつもブルガリスク菌とサーモフィルス菌を組み合わせるなどして
一緒に使われています。

 

ですが、乳製品の発酵にも用いるためには、
ヨーグルトやチーズに使う場合は、
乳糖を分解する働きが備わっている事は必須ですし、
醤油や味噌を発酵させる菌は、
塩分の強い環境に耐えられなければいけません。

 

また、菌には、色々な生息条件があるので、
戦わないまでも、同じ環境で増えることが出来ないと言うものもありますから、
食品に使う金はどれでもOKというわけではありません。

動物性乳酸菌と植物性の乳酸菌

すべての乳酸菌は「菌類」であり、生物学的には「植物」に属します。

 

ですから、菌を動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けるのは、
誤解を招きます。

 

植物性といわれるのは、糠漬けや味噌など
植物由来の食品から分離されたと言う意味で用いられています。

 

また、動物性乳酸菌というのも、
牛乳等の動物性食品から分離したと言う意味で用いられます。

腸の他に乳酸菌が多い部位

乳酸菌やビフィズス菌には「常在菌」として体内に定着し、
他の細菌から体内を守る役割をするものがいます。

 

そして、菌は、体内だけでなく、皮膚等にもいます。

 

特に菌が多いのは、口内・小腸・大腸、女性の膣です。

 

小腸と大腸で腸内環境を整えてくれるのは善玉菌で、
この良い菌は、乳酸(ビフィズス菌は酢酸も)をつくり、
環境を酸性にして、他の菌が繁殖しにくくします。

 

口内や膣でも、外部からの進入を防ぐ
「生体バリア」になります。

 

そして、口内では、この菌たちが虫歯の原因になるようなことはありませんし、
女性の膣内では、女性ホルモンが分泌するグリコーゲン(多糖類)が、
菌の繁殖を促すなど、巧妙な仕組みあります。