ヨーグルトと乳酸菌ナビ

牛乳アレルギー

牛乳アレルギーは、牛乳や乳製品を食べたときに、
下痢になったり、喘息の症状が出たり、湿疹が出たりするものです。

 

乳とはいっても、牛の乳はヒトにとっては異物なので、
牛乳に含まれるタンパク質に対して体が過敏に反応し、
アレルギー症状が出てしまうようです。

 

牛乳アレルギーの引き金となる抗原は、
主にαS1-カゼインと、βラクトグロブリンというタンパク質が
考えられています。

 

特にβラクトグロブリンというタンパク質は、
乳清に含まれるので、これを製造過程で取除くチーズでは、
アレルギーが起こりにくいということが確認されています。

 

また、牛乳アレルギーの症状が出るのは、とりわけ乳幼児に多く、
成長と共に消化機能の順応性が高まり、
症状が出なくなるという人も少なくありません。