ヨーグルトと乳酸菌ナビ

牛乳パックに書かれている内容

牛乳を買うとき、ラベルをチェックするという人は少ないかもしれません。

 

ですが、自分達の口に入るものですし、
健康維持のためにより良く、安心な牛乳を飲みたいですから、
牛乳を買うときには、成分や種類、製造工程などについて確認してみましょう。

 

牛乳のラベルには、以下のような内容が表記されています。

 

種類別名称(牛乳の種類)

 

牛乳には、製造工程で成分を調節しているものと、
調節指定ない者があります。

 

一般的に「牛乳」と表示されているものは、
すべて「成分無調整牛乳」で、
脂肪分の一部を調整したものを「成分調整牛乳」と呼んでいます。

 

そして、脂肪を一定量取り除いたものが「低脂肪牛乳」で、
ほぼすべてを取除いたものを「無脂肪牛乳」と言います。

 

無脂乳固形分

 

「無脂乳固形分8.4%以上」というように表記されています。

 

これは、牛乳から水分と乳脂肪分(タンパク質、炭水化物、
ミネラル、ビタミンなど)を取り除いたものです。

 

栄養だけでなく風味にも大きく影響を与えるので、
牛乳の種類に関わらず、無脂乳固形分は、8.0%以上と規定されています。

 

乳脂肪分

 

乳脂肪分とは、牛乳に含まれる脂肪分のことです。

 

成分無調整牛乳では、乳脂肪分は3.0以上と規定されています。

 

また、低脂肪牛乳の無脂乳固形分は0.5〜1.5%、
無脂肪牛乳の無脂乳固形分は0.5%未満と規定されています。

 

原材料名

 

牛乳の原材料は、生乳100%のみです。

 

生乳に乳製品(脱脂乳や濃縮乳など)を加えたものは、
「加工乳」と表示されます。

 

生乳に栄養を強化するためにビタミンやカルシウムを加えたものや、
コーヒーや甘みを加えたものなど、
乳製品以外のものをくわえているものは「乳飲料」と表示されます。

 

殺菌方法

 

殺菌法には、色々な方法があります。

 

殺菌方法の違いによる栄養価の違いはありませんが、
成分の熱変性が少ない低温殺菌を好む人もいます。

 

しかし、やはり、安全性を優先する立場から、
製品の90%以上は、超高温瞬間殺菌を採用しています。

 

・牛乳の殺菌方法

 

 低温低音保持殺菌: 63-65℃ 30分

 

 連続式低温殺菌: 65-68℃ 30分

 

 高温保持殺菌: 75℃以上 15分以上

 

 高温短時間殺菌: 72℃以上 15秒以上

 

 超高温瞬間殺菌: 120-150℃ 1〜3秒