ヨーグルトと乳酸菌ナビ

ヨーグルトと乳酸菌ナビ

ひとくちに乳酸菌といっても、
発酵プロセスによって種類は様々です。

 

毎日の食生活を見てみても、
ヨーグルト、チーズ等の乳製品、キムチやぬか漬けなどの漬物、
味噌や醤油などの調味料など、
幅広い食品に乳酸菌が含まれています。

 

中でも、牛乳を原料とした乳製品を摂る食生活は、
プロバイオティクスにおススメです。

 

牛乳を原料とした乳製品であれば、
漬物や味噌、醤油のように塩分の摂りすぎ・・・というような事を気にしなくても良いですし、
良質のタンパク質、バランスのよい脂肪、
豊富なカルシウムなどの栄養素をしっかり摂ることができます。

 

ヨーグルトに注目してみると、
ドリンクタイプのヨーグルトの水分は、
強い胃酸を薄める働きが期待でき、
乳製品に多いタンパク質が胃の中で膜になり胃壁を保護し、
乳酸菌が生きたまま腸に到達するのを応援してくれます。

 

健康志向の高まりによって、
各メーカーから、様々な種類のヨーグルトが販売されています。

 

また、ナチュラルチーズを食べる文化も、
現代の日本には浸透しています。

 

手ごろな価格で、飽きの来ないおいしい乳製品を、
毎日の健康習慣に取り入れていきましょう。

ヨーグルトの乳酸菌

乳酸菌といえば、乳製品。

 

乳製品といえば、まず思い浮かぶのが「ヨーグルト」ではないでしょうか。

 

「ヨーグルト」という語は、もともとブルガリアで「すっぱい」という意味です。

 

その名の通り、乳酸菌によって作られた乳酸による爽やかな酸味に加えて、
乳酸が牛乳のタンパク質を固める事に酔って生まれる独特な、
滑らかな食感が魅力の食べ物です。

 

海外では、世界標準の「コーデックス規格」によって、
ブルガリクス菌とサーモフィルス菌の2菌種を発酵の種菌となる
スターターとしたものだけを「ヨーグルト」と呼ぶと認めていました。

 

近年は、菌種が拡大され、
ブルガリクス菌以外の乳酸桿菌も認められるようになっています。

 

しかし、日本では、これに加え、
ビフィズス菌やアシドフィルス菌などを用いたものも
すべて「ヨーグルト」と呼んでいます。

 

ヨーグルトは、日本では厚生労働省が定めた
「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)で定められた
「発酵乳」全般のことをさす通称として用いられています。

 

具体的にヨーグルトとは、
「乳またはこれと同等以上の無脂肪固形分を含む乳等を
乳酸菌または酵母で発酵させたもの。」とされています。

 

そして、ヨーグルトには、添加物を一切加えないプレーンのもの、
甘味料や寒天などを加えたハードタイプのもの、
液状のドリンクタイプなど、その種類はいろいろあります。

 

また、製造工程によって、容器に中身を入れてから発酵させる後発酵のものと、
タンクで発酵させた後に容器に入れる前発酵のものがあります。

 

ちなみに、後発酵は、主に固形状のプレーンヨーグルト、
ハードヨーグルトに用いられることが多く、
前発酵は、液状に近いドリンクヨーグルトや
ソフトヨーグルトで用いられることが多いです。

 

牛乳の栄養分をそのままにした、栄養バランスのよい優れた食品であるヨーグルトは、
乳酸菌がもつ素晴らしい効果もプラスされています。

 

まさに、ヨーグルトは、プロバイオティクスを代表する食品であるといえるでしょう。

 

そのまま食べても飽きることはありませんが、
料理に使うなどして、
毎日の食卓に積極的に取り入れていくとより良い効果が得られそうですね。

 

栄養満点なヨーグルト、皆さんの食卓には毎日あがっていますか?